<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

首藤 マヤ (しゅとう まや)/ SHUTOU MAYA

首藤 マヤ (しゅとう まや)  2006/8月現在 
9/19情報追加
9/1読み仮名訂正・画像アップ
9/2画像変更・情報追加

展覧会歴 1977〜2006

■個展
2005
− 連び去る時間 − (モダンアートバンクヴァルト、福岡市)

2003
首藤マヤ個展 (ペンタグラム、福岡市)

2001
− 月の骨 − (福岡市美術館・特B室)

1994
個展 (アートスペース貘、福岡市)

1991
個展 (アートスペース貘、福岡市)

1990
個展 (天画廊、福岡市)

1988
個展 (ギャラリーロア)

1981
個展 (アートスペース貘)

1980
個展 (福岡市美術館)

■主要グループ展
2006
アートの現場・福岡 VOL.8 − 稜線の向こう − (福岡県立美術館)

2005
Mixed Messages (ギャラリーおいし、福岡市)

2004
テオ&マヤ展 − Soft but Strong − (福岡アジア美術館)
Mixed Messages − G線上のアート − (宇久画廊、福岡市)

2003
Contemporarry Art Mixed Messages 2003 (ギャラリーおいし)
Mixed Messages Presents ア一トジャングル展(宇久画廊)

2002
MMP Presennts 2002 (ギャラリーおいし)
The Langat Noko Art Exchange project - Off Walls Off Pedestals- (Akal diUlu: Malaysia)
Mixed Messages - 漂 − (福岡県立美術館)
Mixed Messages − Full − (アートスペース貘、福岡市)

2000
Mixed Messages − 収穫の群れ − (能古島いろり村、福岡市)

1999
Mixed Messages − 壁面 − (画廊リブ、北九州市)

1998
Mixed Messages − R O O M − (福岡市美術館)
Mixed messages (アートスペース貘)
Mixed Messages − 温室・アートの現場福岡 '98 −(福岡県立美術館)

1997
Mixed Messages − B寄生 − (画廊リブ)

1996
Mixed Messagesによる舞台美術 − 劇団うずめ劇場・我が友ヒットラー(女性センタームーブ、北九州市/キャビンホール、福岡市)
Mixed Messagesにより舞台美術展示 (ホテル・イルパラッツォ、福岡市)

1995
Mixed Messages − 現代美術の好奇 − (コスメイト行橋、福岡県行橋市)
Mixed Messages − 現代美術の好奇 − (福岡市赤煉瓦文化館)

1994
Mixed Messages − 劇薬 − (N倉庫、福岡市)
Mixed Messages − 劇薬 − (コスメイト行橋)
Mixed Messages − Planning − (P-Faceギャラリー)

1993
Mixed Messages − 金波銀波 − (能古島いろり村)
NINGEN EXHIBITION (モダンアートバンクヴァルト)

1992
Mixed Messages − 山女魚釣り − (アートスペース貘)

1991
現在美術21世紀への振動 (鹿児島市立美術館)

1990
現代美術の奔流と未来性 (SPACE貝塚23、福岡市)

1989
Working Drawing 展 (ギャラリーロア、福岡市)

1988
自在の現場 (福岡市美術館)

1982
Contemporary Fukuoka (福岡市美術館)

1980
Pe展 (アートスペース貘)

1979
意識と存在 (石橋美術館、久留米市)

1978-79
Zodiac展 − 物→意識 − (福岡市アートギャラリーほか、福岡市)

d0069641_1641664.jpg


個展 -運び去る時間- 2005年作品、会場:モダンアートバンクヴァルト(福岡市)
[PR]
by faprofile | 2006-08-28 18:28 | a 造形作家(全般)

牛嶋 均 (うしじま ひとし)/USHIJIMA HITOSHI

牛嶋 均 (うしじま ひとし)
※ウシジマ ヒトシ、プレイグランドプロジェクト、UEPDその他活動名アリ
2008/3月現在(2008.3.4改訂)

牛嶋 均 (うしじま ひとし)
1963年 福岡県浮羽郡田主丸町生まれ 現在福岡県久留米市在住

<個展>
1988 Silence Behavior (gallery A CANALE、ウィーン オーストリア)
1989  Matter and Buoyant Matter (gallery CULT、ウィーン オーストリア)
1990 Present Operation (San Jose Institute of Contemporary Art、サンホセ アメリカ)
1991 Dream on the Boat (gallery 21、北九州市)
1995  Playground Products (東判画廊、久留米市)
1997 one man unit(s) (MOMA Contemporary、福岡市)
2002 Noetic research project (三菱地所アルティアム、福岡市)

<グループ展>
1988 Radikale Plastik(Transcult project、ウィーン オーストリア)
LE GENIE DE LA BASTILLE (atelier Monique HEBRE、パリ フランス)
1989 GAS(福岡市)
1990 ART DOCUMENT 1990 IN HOKKAIDO(北海道立近代美術館、札幌市)
1992 The Space(Hong Bee warehouse、シンガポール)
    釜山ビエンナーレ(釜山、韓国) 1993  IMS芸術祭(福岡市)
1995 Art Picnic(ミュージアム・シティ・プロジェクト 福岡ボート、福岡市) 1996 ミュージアム・シティー・天神96(福岡市)
1999 アーティスト・キャンプ・イン・アソ(熊本県小国町)
2002 第2回福岡トリエンナーレ(福岡アジア美術館)
2003 第2回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003 (新潟県)
2004 “アートチャンネルトワダ vol,3” 十和田市 (青森県)
    福北美術往来" 福岡市立美術館 / 北九州市立美術館 (福岡県)
2005 氷見クリック2005  氷見市 (富山県)
2006 愉しい家 愛知県美術館 名古屋市(愛知県)
2007 現代美術の遊園地 浜田市世界こども美術館 浜田市(島根県)
MÉXICO-JAPÓN "HERMANDADES ESCULTÓRICAS MÉXICO-JAPÓN, 2007"
El Museo de Arte Contemporáneo Ateneo de Yucatán Mérida, Yucatán, México
2008 シェルター×サバイバル 広島市現代美術館 広島市

<パブリックプロジェクト>
2000 “霧島のキチ” 霧島アートの森 (鹿児島県)
2004 “U.m.a”  十和田市高森山馬事公苑(青森県)

<収蔵先>
福岡アジア美術館 福岡市
霧島アートの森  鹿児島県


USHIJIMA Hitoshi  (as of March 2008)

1963 Born in Ukiha-Gun, Fukuoka Pref.
Lives and works in Kurume City, Fukuoka Pref.

Solo Exhibitions
1988 "Silence Behavior", gallery A CANALE, Vienna, Austria
1989 "Matter and Buoyant Matter", gallery CULT, Vienna, Austria
1990 "Present Operation", San Jose Institute of Contemporary Art, San Jose, USA
1991 "Dream on the Boat", gallery 21, Kitakyushu City Fukuoka
1995 "Playground Products", Tohan gallery, Kurume City Fukuoka
1997 "one man unit(s)", MOMA Contemporary, Fukuoka City Fukuoka
2002 Noetic research project Mitubishijisho Artium, Fukuoka city Fukuoka

Group exhibitions
1988“Radikale Plastik”, Transcult project, Vienna, Austria
“LE GENIE DE LA BASTILLE”, atelier Monique HEBRE, Paris, France
1989 “GAS”, Fukuoka City
1990  “ART DOCUMENT 1990 IN HOKKAIDO”, Hokkaido Museum of Modern Art, Sapporo
1992 “The Space”, Hong Bee warehouse, Singapore
    “Pusan Biennale”, Pusan ,Korea
1993  “IMS Geijutusai”, Fukoka City
1995 “Art Picnic”, Fukuoka Boat, Fukuoka City Fukuoka
1996 “Museum City Tenjin 96”, Fukuoka city Fukuoka
1999 “Artists Camp in Aso vol.7, Ogunimachi, Kumamoto Pref.
2002 “The 2nd Fukuoka Triennale” Fukuoka Asian Art Museum Fukuoka city Fukuoka
2003 “Echigo-Tsumari Art Triennia 2003” Niigata
2004 “Art channel Towada vol.3” Towada city. Aomori
     "Art Exchange" Fukuoka Art Museum / Kitakyushu Municipal Museum of Art, Fukuoka
2005  “Himi-click 2005 “ himi-city Toyama.
2006 “Enjoyable House” Aichi prefectural museum of Art Nagoya city, Aichi


public project
2000 “Fort and Hide-out in Kirishima” Kirishima Open Air Museum yuusuicho Kagashima

2004 “U.m.a” Takamoriyama bajikouenn horse back riding park. Towada city, Aomori


collection
Fukuoka Asian Art Museum fukuoka city, Fukuoka
Kirishima Open Air Museum yuusuicho Kagashima




付:2005年度プロフィール8画像アリ)
http://www.ne.jp/asahi/mcp/fukuoka/galleryartlier/2005-03profile.html
[PR]
by faprofile | 2006-08-05 12:27 | a 造形作家(全般)

渡辺 郷 (わたなべ ごう)/ WATANABE GOU

渡辺 郷 (わたなべ ごう) 2006.8.4現在
※ソウル兄弟(そうるきょうだい)、gansomaeda(がんそまえだ)などのユニットあり

1975 広島県生まれ
1996 浪速短期大学卒業
1998 大阪芸術大学卒業
1998-2000 CCA北九州リサーチプログラム在籍

福岡県北九州市在住

雑誌「STUDIO VOICE」の特集で「世界の100人のアーティスト」の
一人に選ばれたことがあり、海外における評価も高い。
シノハラ楽とのユニット、gansomaedaで「横浜トリエンナーレ2005」に参加。
「ソウル兄弟」としてバンドを行うなど、多様な分野で活躍している。
自作キャラクター「うっかり君」のシリーズで絵画も制作

■主なグループ展
1998 「九州コンテンポラリーアートの冒険Vo.10」、IMS、福岡

1999 「Open Studio」、CCA北九州、福岡
---「Seven?'s Door」、ラフォーレ原宿、小倉、福岡
---「2SHOT SERVICE」、Gallery SOAP、福岡
---「PORT PEOPLE」、愛知
---「3rd MAEDA STUDIO EXHIBITION」、CCA北九州、福岡

2000 「HERE.NOW2000-1997」、福岡市美術館、福岡
---「Open Studio」、CCA北九州、福岡
---「DREAM ON- intercity art project2000」、ラフォーレ原宿、小倉、福岡
---「スクリーニング・ジャパン」、Hallo!、コペンハーゲン、デンマーク(カタログ)

2001 「ARTISTS?'DEBUT」、RICE GALLERY by G2、東京
---「Transit」、ラフォーレ原宿、小倉、福岡
---「d-museum」、北九州博覧祭2001、福岡
---「RE/MAP 北九州 Re-Mapping Project」、福岡
---「Facts Of Life」、Hayward Gallery 、ロンドン、UK
---「New releases」、4a gallery、シドニー、オーストラリア

2002 「@port 02」、愛知
---「7th 北九州ビエンナーレ ART FOR SALE:アートと経済の恋愛学 」、北九州市立美術館、福岡

2003 「10th Biennial of the Moving Image,Geneva」、ジュネーブ、スイス
---「ワーキング・ヒポテシス」、旧百三十銀行ギャラリー、福岡
---「六本木クロッシング」森美術館、東京

2004 「ミュージアム・シティ・天神2004」、二丈町A氏宅/天神街頭、福岡

2005 「ブラボー!!」GAギャラリー、ソウル、韓国(その後東京へ巡回・予定)
----「アートスポット特集 後編」(ギャラリーアートリエ、福岡)※画像は出品作一部
d0069641_12412497.jpg

----「横浜トリエンナーレ2005」(横浜)※gansomaedaとして

2006 「旅するアート」(ギャラリーアートリエ)
----「安部泰輔と渡辺郷」(北仲WHITE301・山野真悟事務所、横浜)

※2005年度までのプロフィールこちらにも(別画像あり)
http://www.ne.jp/asahi/mcp/fukuoka/galleryartlier/2005-03profile.html
[PR]
by faprofile | 2006-08-04 17:43 | a 造形作家(全般)

安部 泰輔 (あべ たいすけ)/ABE TAISUKE

安部 泰輔 (あべ たいすけ) 2006.11月現在

最新プロフィールは公式サイトを参照
http://www.taisuke-abe.jp/

====================

以下、2006.8月時点でのプロフィール。

1974年大分県生まれ。
大分市在住。

主に福岡、大分を中心に各地で活躍。
2005年9-12月に開催された「横浜トリエンナーレ2005」では、
古着を利用したぬいぐるみを現場制作して一躍人気を集めた。

大小のぬいぐるみを組み合わせたインスタレーションで知られるが、
身体表現活動も行っている。

■主要展覧会等

1999
イントロダクションシリーズ 「さわぐ夜」
 (三菱地所アルティアム、福岡)

2000
首藤英之との二人展「OK」(ギャラリーSOAP、北九州)

2003
イリスアートディズ 安部泰輔個展「コトバヲミルケモノ」
 (イリス九電[コミュニティプラザ]、大分)
写真家・久保貴史との写真集「CLOVER」発刊

2004
「通りと広場」展(ギャラリーアートリエ、福岡)

2005 
「横浜トリエンナーレ2005」(横浜)

2006
「旅するアート」(ギャラリーアートリエ)
「安部泰輔と渡辺郷」(北仲WHITE301・山野真悟事務所、横浜)
[PR]
by faprofile | 2006-08-04 17:40 | a 造形作家(全般)