カテゴリ:a 造形作家(全般)( 41 )

勝木 繁昌 (かつき はんじょう) / Katsuki Hanjyo

勝木 繁昌 (かつき はんじょう) / Katsuki Hanjyo
2012/5月現在


<自身について>
私は18歳の時、彫刻家を志し、約20年間が経過しました。石と自然素材を使用し彫刻を制作しております。30歳の時に、世界を意識して、以後20回以上の国際展に出品してきました。日本という小さな国から出て、自分の彫刻のスタイルを追究しはじめました。考えるよりも、まず行動するを大切にしております。外国で滞在制作することで、文化の違いを感じたり、新しい発見、交流、人や芸術や環境に触発される自分がいます。また、自分自身を客観的にみたりできる事は、作品にいかされます。私は、強く日本人である事を誇りに思っております。

<コンセプト>
 いつからか自然に対して尊大な態度をとるようになった人間は、今一度自然と対峙し、尊い、時に恐れ、自らが自然の一員でもあり、弱い存在でもある事を思い出す必要があるのかもしれません。
「人間と自然、都市と自然」が、調和して共生することを強く意識しながら制作しています。 私の制作した彫刻が、ボーダレス化が進む新時代への希望的なシンボルになる事を願っています。彫刻とは、思想と精神と肉体の凝固した姿です。
彫刻の素材を追究していく中で、自身の体も、一つの素材であり、生きた彫刻として捉えております。生命、自然、地球、宇宙、などの形態や現象への興味は尽きる事が、ありません。

<プロフィール>
1974 
福岡(小倉)に生まれる/香川県在住
1993
彫刻家三枝惣太郎氏に師事
2002 
群馬オープンスペースアートコンペティション (入賞/群馬)
第七回最上環境芸術祭 (山形)
2003 
我孫子国際野外美術展 (千葉)03'04'05'06'07'08'09'10'   
代官山インスタレーション03' (優秀賞/東京)
2004 
ENVIRONMENT ART EXPO KOREA (韓国)
The 3th Stone sculpture Symposium in SUKAGAWA (福島)
2005 
THE INTERNATIONAL ARTISTS FREE CAMP (ルーマニア)
CARRARA SCULPTURE WORKSHOPS 2005 (イタリア)
2006 
Sandarbh artists workshops 2006 (インド)
ASIAN ARTISTS FESTIVAL FOR 2006 (韓国)
THE MOUNT MERU INTERNATIONAL ART CAMP 2006 (タンザニア)
2007
THE ROSTOCK-KYOTO ART RINBOW PROJECT(ドイツ)
第5回キリンアートコンクール (佳作賞/石川)
現代美術インディペンデントCASO展 (大阪)
2008 
CHANGWON ASIAN ART FESTIVAL (韓国)
国際野外の表現展比企 (埼玉)08' 09'
THE INTERNATIONAL EXHIBITION OF CONTEMPORARY SCULPTURE (宮崎)08'09'10'
2009
ART IN LANDSCAPE 8 ,GUT GASTEIL (オーストリア)
西宮船坂ビエンナーレ-プロローグ-(兵庫)
International Performance Art in Busan (韓国)
2010
jara Island International Baggat Art Exhibition (韓国)
BUSAN INTERNATIONAL ENVIRONMENTARTS FESTIVAL (韓国)
BUSAN INTERNATIONAL ENVIRONMENTARTS FESTIVAL(大阪)
BUSAN FLOWER VILLAGE NATURE ART FESTIVAL (韓国)
INTERNATIONAL PERFORMANCE ART IN BUSAN (韓国)
瀬戸内国際芸術祭連携事業 石の彫刻展 ストーンミュージアム(香川)
西宮船坂ビエンナーレ-RELATIONSHIP-(兵庫)
KOREA-JAPAN COLOR&FORM EXHIBITION 2010(韓国)
2011
Gardur's Northern Lights International Art Exhibition (アイスランド)
香川県文化芸術新人賞受賞 (香川)
TEGAMI-perspektiven japanischer kunstler (ドイツ)
源平屋島現代美術展 ーrestart- ギャラリーアコスタージュ(香川)
2011 Korke P the 37 International Art Camp Lazarea(ルーマニア)
ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラム「新・港村~小さな未来都市~」
(横浜)
中之条ビエンナーレ2011(群馬)
南北楽観主義-せとうち-(岡山)
第6回佐野ルネッサンス鋳造展(栃木)
2011 4th International performance art in Busan(韓国)
Busan international film festival (韓国)
2012
香川県文化芸術新人賞受賞作家展(香川)
日中現代美術交流展(中国)

<作品データ>
one cushion 大理石 2006
d0069641_11535469.jpg



嵩山城 竹 2011
d0069641_1154746.jpg



infinite ミクストメディア 2011
d0069641_11541974.jpg



drift of monster ミクストメディア 2012
d0069641_11542828.jpg



More
[PR]
by FAprofile | 2012-05-29 11:53 | a 造形作家(全般)

スズキ ジュンコ (鈴木 順子) / SUZUKI Junko

スズキ ジュンコ (鈴木 順子) / SUZUKI Junko
2011年8月現在

※Suzuki Junko 公式サイト から引用
http://151cm.com/


1977 埼玉県坂戸市生まれ
TUAD大学院 実験芸術コース修了
2007-2011 ギャラリーmonné porte 代表
2011- 同ギャラリー おまけ


<展覧会など>
2010
アーティストインレジデンス(韓国/釜山 space Bandee)
『スナック優子』(大分/別府)※BEPPU PROJECT 2010 協力企画
arita contemporary art garden place(佐賀/有田)
READ ME 2(福岡/WALD art studio)


2009
BEPPU ART AWARD(大分/別府)
させぼアートプロジェクト(長崎/佐世保)
ARITA MOBILE(佐賀/有田)
混浴温泉世界 わくわく混浴アパートメント(大分/別府)
内覧会(福岡/ WALD art studio)
「joy!私の楽しみ」コラボレーション(長崎/monné porte)


2008  
パジャマ☆DE☆トーク(長崎/ monné porte)
「生の間〜せいのはざま〜」コラボレーション(長崎/monné porte)
ゼロダテ/大館展(秋田)
砂浜現代美術教室「望来再現」 guest artist(石狩/北海道)


2007  
"URATO DRIFT"(塩竈/宮城)
個展(長崎/monné porte)
砂浜現代美術教室「望来現象」guest artist(石狩/北海道)


2006  
日韓現代美術展(ホーチミン美術博物館/ベトナム)
福島現代美術ビエンナーレ(福島)
天地人展(水戸/茨城)


2005  
"I'm here 〜アートを生きる、アートで生きる5つのスタンス〜"
展覧会とトークセッション(宮城/せんだいメディアテーク)


2004  
Artist In Residence(Bournemouth University/イギリス)


2003   
日韓現代美術展(釜山/韓国)
中本現代アート展 嶋本昭三賞(せんだいメディアテーク/宮城)
"and so on"(函館/北海道)
アーティスト・イン・レジデンス(アートスペースLevel.1/福岡)
民宿美術(函館/北海道)


2002  
とかち現代アート展"DEMETER" イレギュラー出品(帯広/北海道)


2001   
21世紀文化観光創造・育成・発信事業 A.I.R(鶴田町/青森)


1997-01 
実験表現研究会(山形)


1997  
最上環境芸術祭(新庄/山形)



<執筆など>
2010- 長崎新聞/連載「アートの未来 ~開拓者たち~」(第1、3日曜)
2007-09 長崎新聞/コラム「長崎恋物語」(全25回)
2005-06 山形新聞/連載「山形ドキドキ!」(全86回)


<その他アクティビティ>
2009 させぼアートプロジェクト実行委員
農村地域活性事業実践研修員
「アジアの日本の九州で」報告会 あじびホール

2005 こども芸術教育研究センター研究部会

2004 Bournemouth University 講義

2002-03 アートユニット"A-ple" 結成 「ライブラリープロジェクト」(仙台、北海道ほか)
[PR]
by faprofile | 2011-08-13 17:20 | a 造形作家(全般)

浦田 琴恵 (うらた ことえ) / URATA KOTOE

浦田 琴恵 (うらた ことえ) / URATA KOTOE
2011年8月現在

アーティスト。
1979年静岡県生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒。
2007年より鹿児島県在住。

桜島をテーマにしたインスタレーションやドローイング、廃業した温泉ホテルや、空き家を使ったアートプロジェクト、コスプレ写真、九州のアートスペースを巡る旅のプロジェクト、人の家の玄関を借りて行う「玄関コンサート」、ワークショップ「おてがみかきどころ」など、ジャンルにとらわれない様々な活動を行なう。

*アーティスト公式サイト
http://kotoe.ifdef.jp


主な活動履歴

2010年
「Genesis起源展」旧上色見小学校 (熊本・阿蘇)
「瀬戸内国際芸術祭2010」 (香川県・男木島)
「九州・沖縄アートな人々たずねちゃいマップ」制作
KOTOBUKI クリエイティブアクション「寿合宿」プロデュース(横浜・寿町)
「有田現代アートガーデンプレイス2010」関連企画「ARITA-mobile」(佐賀・有田)

2009年
「ANIMI-ZOOM展」阿蘇白水郷美術館(熊本、阿蘇)
「水都大阪2009 水辺の文化座」中之島会場(大阪)
「呉福万博」呉服町商店街(佐賀)
「浦田琴恵絵画展」ギャラリーsow(大分、湯布院)
「時の芸術祭2009」(鹿児島)
別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」国内展「わくわく混浴アパートメント」コーディネーター(大分・別府)

2008年
「飛び出せ!!MADE IN 九州展」ギャラリーアートリエ(福岡市博多区)ゲストキュレーター
「琴姫プロジェクト~九州アートを探す旅~」(2008 九州全土)
KOTOBUKIクリエイティブアクション2008(横浜・寿町)
やねだん芸術祭(鹿児島県鹿屋市)鹿屋市長賞受賞

2007年
SA・KURA・JIMAプロジェクト2007(鹿児島・桜島)
取手アートプロジェクト2006(茨城・取手)
DESIGHNNING展(福岡市)ユニット「ことかよまき」

※2011年9月JR博多シティで展示予定「九州沖縄アジアアート観光ウィーク」、MAP表紙イラスト

More
[PR]
by faprofile | 2011-08-13 16:47 | a 造形作家(全般)

VAROC

VAROC
2011.8月現在

《VAROC》
井上泰宏/駒井翔平/佐藤/塩月悠/渋江修平/杉尾浩貴/高津眞
田嶋克匡/田嶋紘太/浜崎/山下耕平/山本翔/UG

《PROFILE》
佐賀・福岡・熊本・愛知・東京にて活動。
ユニットとしてだけでなく個々の作品発表も行っており、
絵画・映像・彫刻・インスタレーション・音楽をはじめ、
電気工事から塗装、ライブパフォーマンスまで様々な
表現を展開する。

《WORKS》
2004-NOISE/佐賀
2005-MOBS/佐賀
2006-警鐘夜/福岡 (IAFshop*)
2008-カマドウマ/福岡 (かのごしまメイキング)
2008-呉楽横町/佐賀
2009-VAROC/佐賀
2009-VAROC2/佐賀(呉福万博)
2010-39.5℃/佐賀(呉福万博2010)

*VAROCブログ
http://varoc.web.fc2.com/

※2011年9月、JR博多シティでおこなわれる「九州沖縄アジアアート観光ウィーク」展示部門に参加予定
[PR]
by faprofile | 2011-08-08 15:18 | a 造形作家(全般)

キム・キョンファ / Kim Kyung-hwa

キム・キョンファ / Kim Kyung-hwa
2011年7月(名前表記変更)

Born: Jin Ju, Korea in 1969
Now, Work & Lived in Busan.
Historic Downtown Culture Cluster Totatoga Artist/ Busan/ 2010~


EDUCATION
2001 B.A, in Arts, Kyung-sung University
2007 Master of Plastic Arts, Seoul National University


SOLO EXHIBITION
2002 Solo Exhibition(PS 14 Gallery/ Busan)
2008 Solo Exhibition(Munhwailbo Gallery/ Seoul)
-- Solo Exhibition(Space bandee/ Busan)
2010 Solo Exhibition(Sanbokdoro Gallery/ Busan)
2011 Team Scrach installation (Soul Art Space/ Busan)


SELECTED GROUP EXHIBITION
2010 2010 European Patchwork Meeting - Hands of Korea (Alsace /Paris)
-- Busan Biennale-Now Asian Artists (Busan Cultural Center/ Busan)
-- 6th Flower Village Nature Art Festival (Flower Village / Busan)
-- Local to Local East Asian Connection (Baekje Hospital Building/Busan)
-- an anonymous Exhibition (Soul Art Space/ Busan)
-- Rediscovery of Objects (Kim’s art field/ Busan)
-- New eyes and Start (Harbour Gallery/ Busan)
2009 Open the house6-Pink Busan (Chaes Art Center/Busan)
-- Open the house5- Pumping Heart (MK2 Art Space/ Beijing)
-- The theater Project (Sam sung theater/ Busan)
-- Traveling Art Museum 2009 – The tale of the Sun and the Wind (National Museum of Contemporary Art Korea/Yeongcheon, Eumseong)
-- Osoul Gil Project (Art in Ori/ Busan)
-- "The Head" Kim's Art Fild Opening Exhibition
-- Unexpected Everyday Affairs (Yongdusan Galler/ Busan)
-- Journey of Apologizing (The Dongduk Art Gallery/ Seoul)
-- Our Garden (Gimhae Art and Sports Center/ Gimhae)
-- Now, We, Here(Shinsegae Gallery/ Busan)
-- An Interesting Art (kyungsung Gallery/ Busan)
2008 Where has been seated (Kookmin Art Gallery/ Seoul)
-- Paris in Busan (Gallery Fine/ Busan)
-- Portes Ouvertes 2008 Paris- Busan (Genie de la Bastille/ Paris)
-- SSANG SSANG PARTY (Marin Natural History Museum/ Busan)
2007 Busan- Paris (Gallery Fine, Art Center Dong Baek/ Busan)
-- Backpacker’s Hostel- ninth THE ONE (Gallery The Orange/ Seoul)
-- Explore (Marin Natural History Museum/ Busan)
-- A public bath Project (Space bandee/ Busan)
2006 Art in city 2006-mulmangol Project (Yeon Je-gu/ Busan)
-- Another (Gallery in City hall/ Busan)
-- Delightful in Art Museum (Gyeong Nam Art Museum/ Chang Woun)
-- Wine (The French Cultural Center/ Busan)
2005 The second festival of Young Artist for 2005(Seongsan Arts Halls/ Changwon)
-- Art and Playing FUNSTERS(Seoul Arts Center/ Goyang CulturalFoundation)
-- Traveling art museum(Marin Natural History Museum/ Busan)
-- OPEN ART FOR KIDS (Gana Art Center/ Seoul)
-- PLAYING WITH ART (Inchon Munhak Sports Complex/ Inchon)
2004 Window shopping (Projected by Busan MOMA/ Busan)
-- Traveling art museum (Projected by Busan MOMA/ Busan) (Marin Natural History Museum)(Dabin gallery,Gosin University/ Busan)
-- Memory (Busan metropolitan city/ Busan)
-- Autogenous to work (Space Bandee/ Busan)
-- Breath-Court (ART IN ORI/ Busan)
-- A sudden attack seconhand bookstore (Old bookstore in Bosu-dong, Busan)
2003 This is not a pipe (Open Little Theater, Busan)
-- Reflection of city-Memoryof the city (Yeonje-gu District office, Busan)
-- Soft with the forms (Gallery Lee, Busan)
-- Do as you like it (Space Bandee, Busan)
-- New frontier-Daegu contemporary art (Daegu Culture and Arts Center,Daegu)

김경화1

김경화2

김경화3

김경화4

김경화5

김경화6

김경화7

舞台美術としての作品
김경화8

※2011年9月博多駅(九州アートゲート)で作品展示予定
[PR]
by faprofile | 2011-07-14 17:20 | a 造形作家(全般)

鈴木 淳(すずき あつし) / SUZUKI ATSUSHI

鈴木 淳(すずき あつし) / SUZUKI ATSUSHI 
2011年5月更新

アーティスト公式サイト URL最新
http://web.me.com/atsushi33/SUZUKI_Atsushi/top.html


個展
だれもいない、ということもない
2010
SUZUKI ATSUSHI's ARTWORK

SUZUKI ATSUSHI's ARTWORK

SUZUKI ATSUSHI's ARTWORK

More
[PR]
by faprofile | 2011-05-29 09:16 | a 造形作家(全般)

牛島 光太郎 (うしじま こうたろう) / USHIJIMA Koutarou

牛島 光太郎 (うしじま こうたろう) / USHIJIMA Koutarou
2011年5月現在


1978 福岡県に生まれる
2003 成安造形大学 彫刻クラス研究生修了

主な個展
2003 「牛島光太郎展」 信濃橋画廊(大阪)
2005 「scene-15」 GALLERY wks.(大阪)
2006 「scene-21」 GALLERY wks.(大阪)
2008 「Curator's Eye 2008」 Gallery Maronie(京都)
2008 「scene」 關渡美術館 Kuandu Museum of Fine Arts (台湾・台北市)
2009 「intentional accident / 意図的な偶然 」 京都府立芸術文化会館 (京都)
2010 「intentional accident / 意図的な偶然 」 三菱地所アルティアム (福岡)

主なグループ展
2003 「見えない庭」 寝屋川駅前テナントビル(大阪)
2004 「HOSOMI TO CONTEMPORARY 002」 細見美術館(京都)
2005 「Art Court Frontier 2005#3」 ARTCOURT Gallery(大阪)
2007 「Ich sehe was, was du nicht siehst」 Kuenstlerhaus Dortmund(ドイツ・ドルトムント市)
2007 「Ich sehe was, was du nicht siehst / あなたに見えていないものが、私には見えています」
CAS 特定非営利活動法人 キャズ(大阪)
2007 「Wording image [spell] 」 art project room ARTZONE(京都)
2008 「gallerism 2008」 大阪府立現代美術センター(大阪)
2009 「ART OSAKA 2009 」 堂島ホテル (大阪)
2009 「神戸ビエンナーレ 2009」 神戸メリケンパーク(兵庫)
2009 「Mirage」 同志社大学 京田辺キャンパス (京都)
2009 「gallerism 2009」 大阪府立現代美術センター (大阪)
2010 「45×45 On The Wall」 ARTISLONG GALLERY(京都)
2010 「Shared identity」 South province main hall(ニューカレドニア・ヌメア市)
2010 「おとなりさん。」 ギャラリーアートリエ(福岡県)
2011 「おおさかカンヴァスプロジェクト」関西国際空港(旅客ターミナルビル4F)に作品設置

レジデンス
2007 Kuenstlerhaus Dortmund(ドイツ・ドルトムント市)
2008 關渡美術館 Kuandu Museum of Fine Arts (台湾・台北市)
2010 The association La Nature de l’Art(ニューカレドニア・ヌメア市)

パブリックコレクション
『scene-35』, 『scene-36』 關渡美術館 Kuandu Museum of Fine Arts (台湾・台北市)

助成金
2007 野村国際文化財団(個人)助成金
2007 朝日新聞文化財団 助成金
2008 朝日新聞文化財団 助成金
2010 朝日新聞文化財団 助成金


[STATEMENT]
京都を引っ越す時に、友人が、メモ用紙にギターの絵を描いて渡してくれました。
ドイツに着いた日、部屋があまりにも殺風景だったから、私はそれを部屋に貼りました。
ドイツから日本に帰国する時に、私はそれを壁から剥がして、お財布に入れました。
日本に帰って、自分の部屋にそれを貼りました。
しばらくして、台湾に行くことになり、私はそれを持って行くことにしました。
台湾のスタジオにそれを貼っていると、遊びに来ていた台湾の友人が「これは何?」と私に聞きました。
私は考えたあげく、それを「お守りのようなもの」と彼に説明しましたが、それが何なのか、自分でもよく分かっていませんでした。

2008年より、『intentional accident / 意図的な偶然』と題した連作を制作・発表しています。
これは、日常生活で私が実際に拾ったモノや、私にとって思い入れのあるモノと、文字を刺繍した布で構成する作品です。

それまで価値の無かったモノが、何かをきっかけに価値あるモノにみえる時があります。
大抵の場合、それは錯覚だと思うのですが、私はそのことについて、もう少し知りたいと思っています。


When I moved to Germany from Kyoto, Japan, a friend of mine gave me scrap paper on which he drew a guitar.
On the day I arrived in Germany, at my new place to live, my new room was so bleak that I put that piece of scrap paper on the wall.
Months later, when I left Germany to return home, I carefully took it off the wall and put it with my belongings.
Upon returning to Japan, I once again put it on the wall, this time in my Japanese room.
After a while, I then moved to Taiwan. Once again I brought that piece of paper with me and hung it on the wall. There at my studio in Taiwan, my Taiwanese friend saw it hanging on the wall and asked me what it was.
Thinking about it for a moment, I explained to him that it’s kind of like a charm, although I didn’t know exactly what it was.

Since 2008, I have I been making and exhibiting a series of artwork entitled “INTENTIONAL ACCIDENT.” It is composed of things that I, myself, have picked up in my daily life, things that I have had considerable feeling for along with the cloth upon which I embroidered explanatory letters.

Whatever the catalyst may be, something of no value at one time looks very valuable at other times. In most cases, I’d think of it as a kind of an illusion. Even though, I’d like to know a bit more about it.


USHIJIMA Koutarou


USHIJIMA Koutarou
タイトル:意図的な偶然-5
素材:ブラウス、ボタン、布に刺繍
制作年:2008年


USHIJIMA Koutarou
タイトル:意図的な偶然-10
素材:台湾で拾った紙切れ、布に刺繍
制作年:2009年


USHIJIMA Koutarou
タイトル:意図的な偶然-17-25
素材:窓、布に刺繍
制作年:2009年


USHIJIMA Koutarou

USHIJIMA Koutarou

USHIJIMA Koutarou
タイトル:意図的な偶然-27
素材:世界各地で拾ったモノ、銀糸、布に刺繍
制作年:2011年

★2011.5.7写真追加

scene-11
タイトル scene-11
素材 サランラップ
制作年 2004年

scene-14
タイトル scene-14
素材 自転車
制作年 2004年

scene-19
タイトル scene-19
素材 セロハンテープ
制作年 2005年

scene-20
タイトル scene-20
素材 車、落ち葉
制作年 2006年

scene-26-1

scene-26-2
タイトル scene-26
素材 セロハンテープ、ライトスタンド、カーペットに刺繍
制作年 2007年

scene-27
タイトル scene-27
素材 陶器の置物、布に刺繍
制作年 2007年

scene-36
タイトル scene-36
素材 ガラス、サテンに刺繍
制作年 2008年

===============
※2011年6月、JR博多シティ「アミュ地下キューブ」での博多アートアクトVol.1「ファーストアクト:アートラウンジ」に参加予定
[PR]
by faprofile | 2011-05-03 22:32 | a 造形作家(全般)

武内 貴子 (たけうち たかこ)/ TAKEUCHI Takako

武内 貴子 (たけうち たかこ)/ TAKEUCHI Takako
2011年5月更新

公式サイト
www.takako-takeuchi.com

1979 福岡生まれ
2002 福岡教育大学美術科卒業
2004 福岡教育大学大学院美術科修了
2006 国際芸術センター青森・アーテイスト・イン・レジデンスプログラム
2008 PRAHAProject+deepsapporo・アーティスト・イン・レジデンスプログラム


グループ展
2000 立体構成研究室学生展「しわざ」/遠賀信用金庫本店ギャラリー
2001 赤馬展/北九州市美術館・アネックス
2001 立体構成研究室学生展「タイムスライス」/遠賀信用金庫本店ギャラリー
2002 福岡教育大学卒業制作展/福岡県立美術館
2002 立体構成研究室学生展「境界線」/遠賀信用金庫本店ギャラリー
2002 飛幡入賞者展/福岡アジア美術館・交流ギャラリー
2003 福岡教育大学院生展/福岡県立美術館
2003 立体構成研究室学生展「 」/遠賀信用金庫本店ギャラリー
2004 「手26」/福岡市美術館・特別展示室B
2004 日韓映像・設置交流展/福岡市美術館・特別展示室B
2004 「ロッカーズ」/現代美術ギャラリー・IAFSHOP*
2005 International Video・installation・performance Festival/Eulsukdo Cultural Center(韓国)
2005 「火焔鉄」関連企画・「武内貴子によるインスタレーション」/太宰府・北谷之窯
2005「For Rent! For Talent!」/IMS三菱地所アルティアム
2006 アーテイスト・イン・レジデンスプログラム2006/秋「SUSPENDED浮景」/国際芸術センター青森 2007 大阪・アートカレイドスコープ2007-大大阪にあいたい。/大阪府立現代美術センター
2007 街じゅうアートin北九州2007/リバーウォーク北九州・アートラウンジ
2007 箱展-それぞれのかたちー/新天町・ギャラリーおいし
2008 天神ワンダーサイト/パークサイドギャラリー(福岡)
2008 ART LOVE JAZZ/三菱地所アルティアム
2008 晴好手ぬぐいコレクション2008 /友添ギャラリー
2008 ピクニックあるいは回遊/熊本市現代美術館
2008「棲むもの/sina」/ PRAHA Project+deep sapporo 9J (札幌)
2009「LIFESTYLES展 2nd - アートの机プロジェクト」 /キキプレイス ファーストバース(福岡)
2009「 modern leaf 」DESIGNING展2009/季離宮(福岡)
2009「north-south-east-west in Japan」/福岡アジア美術館
2010 少女採集/ギャラリー亞廊(福岡)
2010「Refugee」/ Kulturens hus Luleå(スウェーデン)
2011 芸術の存在意義展 /アートイマジン(東京)

個展
2003 武内貴子展「結ぶことから」/津屋崎千軒「藍の家」
2005 武内貴子展「シロヲムスブ」/CA gallery
2005 第5回八幡現代美術展 vol.2 武内貴子 「Through the knots」/gallery130
2006 春吉アート・サバイバル~接点からの転機 武内貴子展/住吉神社・能楽殿
2011 「Swelling of cherry blossoms」/博多阪急・ARTCUBE


舞台美術
2004 友部正人と宮沢和史だけのポエトリーライブ/唐人町・甘棠館show劇場
2004 友部正人と知久寿焼だけの音楽会/唐人町・甘棠館show劇場

ワークショップ
2003 ワークショップ「七夕にちなんだオブジェ」/津屋崎千軒「藍の家」
2005 アジア楽市楽座・リターンズ武内貴子のワークショップ「結ばれる縁路」/福岡アジア美術館
2006 ワークショップ「古着によるリサイクルアート」/大野城まどかぴあ
2006 ワークショップ「切って、結んで、つないで」/国際芸術センター青森
2007 ワークショップ「シャボン玉オブジェをつくろう」/リバーウォーク北九州・三角広場 2009ワークショップ「切って、結んで、つないで」/キキプレイス ファーストバース(福岡)
2010 Let’s communicte by OMUSUBI/Kulturens hus Luleå(スウェーデン)
2011 ワークショップ「トンガリ帽子をつくろう!」/田川市美術館(福岡)


TAKEUCHI Takako
御結び/布、蝋、糸/2010年/スウェーデン・ルレオ

===============
※2011年6月、JR博多シティ「アミュ地下キューブ」での博多アートアクトVol.1「ファーストアクト:アートラウンジ」に参加予定
[PR]
by FAprofile | 2011-05-03 22:10 | a 造形作家(全般)

寺江 圭一朗 (てらえ けいいちろう)/ TERAE KEIICHIROU

寺江 圭一朗 (てらえ けいいちろう)  / TERAE Keiichiro
2011年5月改訂
2006年10月初回アップロード

1981年 広島生まれ
2005年 大分大学大学院 修了
2005.4-2008.3  3号倉庫にてレジデンスプログラムに参加(福岡)
2008.7-2010.8 旧大賀APスタジオを共同設立。(福岡)



個展
2010年
『トランスダイエット』(旧大賀APスタジオ/福岡)

2008年
寺江圭一朗展(gallery58/銀座)
『寺江圭一朗の談話室』(gallery blue ballen/大分)
『寺江圭一朗の自己啓発型アート「マイコラ」』(現代美術ギャラリーto.ko.po.la/福岡)

2007年
『特別な日』(3号倉庫/福岡)
寺江圭一朗展(gallery58/銀座)
『触れない光』(由布院駅アートホール/大分)

2006年
『カミサマ教』(3号倉庫/福岡)

2005年
『かるい死』(3号倉庫/福岡)
『なんかごめん』(オアシス21/大分)


グループ展
2011年
『わくわくSHIBUYA』(トーキョーワンダーサイト渋谷)
『first decade』(3号倉庫)
2010年
『ながさきアートの苗プロジェクト』(伊王島/長崎)
『釜山福岡交流プログラム』(ARTinNATURE/釜山)
『拝啓立石タイガー様』(田川市美術館/福岡)
『有田アートガーデンプレイス』(冨右衛門窯/佐賀)
『秘密基地~合言葉はココに秘密はない~』(アートリエ/福岡)

2009年
『広島アートプロジェクト2009 吉宝丸』(吉島地区/広島)
『別府現代芸術フェスティバル2009 混浴温泉世界 わくわく混浴アパートメント』(清島アパート/別府)
『Preparation for salon 』(旧大賀APスタジオ/福岡)


TERAE Keiichiro

TERAE Keiichiro

TERAE Keiichiro
タイトル:寺江君好き
素材:キャンバス、油彩
サイズ:F30号
制作年:2007年

<外形、コンセプト>
自分のことを、特別な存在にしてみる作品。


TERAE Keiichiro
タイトル:寺江君の友達
素材:ピンズ、など
サイズ:直径100mm
制作年:2008年

<外形、コンセプト>
 寺江君の友達と書かれたピンズ100個。一つ一つ、001番から100番までの友達番号も書かれてある。会期中一つ1000円で販売した。1000円で友達の価値を安売りし、友達の価値がお金で買えるものかどうか試すもの。そして、購入後もその関係が続くかどうかという継続的なプロセスも含まれる。そのため売買が成立した時に作品が完成する。もう一つの視点としては、アートグッズというものに興味があったからだ。お洒落なだけのアートグッズが多いように僕は感じているのだけど、そこに、ビジュアルだけでなく思想的なコンセプトを組み込むことで、何か違う形態の商品ができないかと思った。
 幼い頃から、本当の友達を探していた、本当の友達はどこにいるのだろう。小学生の時には、「本当の友達を探してくる。」と言って家を出る時もあっ。しかし、本当の友達ってなんだ?ピンズ購入者とは、購入時にツーショットで記念撮影をする。「これで友達だねっ!」と確認しあってみたりもした。このピンズをきっかけに仲良くなった人もいる。


TERAE Keiichiro

タイトル:ランキングマイコラ
素材:掛け軸、ホワイトボード、DVD、など
制作年:2008年

<外形>
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と書かれた軸がそれぞれあり、その隣に、ホワイトボードでできた無地の軸を配置してある。観客は、ホワイトボードに自分の名前を書くことができる。DVDプレイヤーでは、ランキングマイコラのやり方を説明する内容が流されている。DVDでは、ホワイトボードに名前を書いた後、「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、自分の名前」 を順に発声するよう促している。

<コンセプト>
マイコラとは、マイコラージュの略(寺江の造語)で、自分自身を何かと入れ換えたり、どこかに貼りつけることで、自分達の存在を思考する試みだ。
ランキングマイコラとは、憧れの人物の隣に、自分の名前を配置してみることで、自己をより高い段階へ上昇させる方法である。



===============
2006年度情報

website
http://www.geocities.jp/terae123/

d0069641_749477.jpg

『虹雲』 LED 、PIC、ベニヤ、など 2006

===============
※2011年6月、JR博多シティ「アミュ地下キューブ」での博多アートアクトVol.1「ファーストアクト:アートラウンジ」に参加予定
[PR]
by faprofile | 2011-05-03 21:57 | a 造形作家(全般)

宮田 君平 (みやた くんぺい) / MIYATA Kumpei

宮田 君平 (みやた くんぺい) / MIYATA Kumpei
2011年5月現在


1981 宮崎生まれ
2006 福岡教育大学大学院美術科修了

主なグループ展
2009 「north-south-east-west in Japan」/ 福岡アジア美術館(福岡)
2010 「第64回山口県美術展覧会」/ 山口県立美術館(山口)
2010 「Refugee」/ Kulturens hus Luleå(スウェーデン)

レジデンス
2011 3331 Arts Chiyoda(東京)


MIYATA Kumpei
photo by bozzo

MIYATA Kumpei

MIYATA Kumpei

MIYATA Kumpei

MIYATA Kumpei

===============
※2011年6月、JR博多シティ「アミュ地下キューブ」での博多アートアクトVol.1「ファーストアクト:アートラウンジ」に参加予定
[PR]
by faprofile | 2011-05-03 21:39 | a 造形作家(全般)