<< 田中 千智 (たなか ちさと)... 宮田 君平 (みやた くんぺい... >>

寺江 圭一朗 (てらえ けいいちろう)/ TERAE KEIICHIROU

寺江 圭一朗 (てらえ けいいちろう)  / TERAE Keiichiro
2011年5月改訂
2006年10月初回アップロード

1981年 広島生まれ
2005年 大分大学大学院 修了
2005.4-2008.3  3号倉庫にてレジデンスプログラムに参加(福岡)
2008.7-2010.8 旧大賀APスタジオを共同設立。(福岡)



個展
2010年
『トランスダイエット』(旧大賀APスタジオ/福岡)

2008年
寺江圭一朗展(gallery58/銀座)
『寺江圭一朗の談話室』(gallery blue ballen/大分)
『寺江圭一朗の自己啓発型アート「マイコラ」』(現代美術ギャラリーto.ko.po.la/福岡)

2007年
『特別な日』(3号倉庫/福岡)
寺江圭一朗展(gallery58/銀座)
『触れない光』(由布院駅アートホール/大分)

2006年
『カミサマ教』(3号倉庫/福岡)

2005年
『かるい死』(3号倉庫/福岡)
『なんかごめん』(オアシス21/大分)


グループ展
2011年
『わくわくSHIBUYA』(トーキョーワンダーサイト渋谷)
『first decade』(3号倉庫)
2010年
『ながさきアートの苗プロジェクト』(伊王島/長崎)
『釜山福岡交流プログラム』(ARTinNATURE/釜山)
『拝啓立石タイガー様』(田川市美術館/福岡)
『有田アートガーデンプレイス』(冨右衛門窯/佐賀)
『秘密基地~合言葉はココに秘密はない~』(アートリエ/福岡)

2009年
『広島アートプロジェクト2009 吉宝丸』(吉島地区/広島)
『別府現代芸術フェスティバル2009 混浴温泉世界 わくわく混浴アパートメント』(清島アパート/別府)
『Preparation for salon 』(旧大賀APスタジオ/福岡)


TERAE Keiichiro

TERAE Keiichiro

TERAE Keiichiro
タイトル:寺江君好き
素材:キャンバス、油彩
サイズ:F30号
制作年:2007年

<外形、コンセプト>
自分のことを、特別な存在にしてみる作品。


TERAE Keiichiro
タイトル:寺江君の友達
素材:ピンズ、など
サイズ:直径100mm
制作年:2008年

<外形、コンセプト>
 寺江君の友達と書かれたピンズ100個。一つ一つ、001番から100番までの友達番号も書かれてある。会期中一つ1000円で販売した。1000円で友達の価値を安売りし、友達の価値がお金で買えるものかどうか試すもの。そして、購入後もその関係が続くかどうかという継続的なプロセスも含まれる。そのため売買が成立した時に作品が完成する。もう一つの視点としては、アートグッズというものに興味があったからだ。お洒落なだけのアートグッズが多いように僕は感じているのだけど、そこに、ビジュアルだけでなく思想的なコンセプトを組み込むことで、何か違う形態の商品ができないかと思った。
 幼い頃から、本当の友達を探していた、本当の友達はどこにいるのだろう。小学生の時には、「本当の友達を探してくる。」と言って家を出る時もあっ。しかし、本当の友達ってなんだ?ピンズ購入者とは、購入時にツーショットで記念撮影をする。「これで友達だねっ!」と確認しあってみたりもした。このピンズをきっかけに仲良くなった人もいる。


TERAE Keiichiro

タイトル:ランキングマイコラ
素材:掛け軸、ホワイトボード、DVD、など
制作年:2008年

<外形>
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と書かれた軸がそれぞれあり、その隣に、ホワイトボードでできた無地の軸を配置してある。観客は、ホワイトボードに自分の名前を書くことができる。DVDプレイヤーでは、ランキングマイコラのやり方を説明する内容が流されている。DVDでは、ホワイトボードに名前を書いた後、「織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、自分の名前」 を順に発声するよう促している。

<コンセプト>
マイコラとは、マイコラージュの略(寺江の造語)で、自分自身を何かと入れ換えたり、どこかに貼りつけることで、自分達の存在を思考する試みだ。
ランキングマイコラとは、憧れの人物の隣に、自分の名前を配置してみることで、自己をより高い段階へ上昇させる方法である。



===============
2006年度情報

website
http://www.geocities.jp/terae123/

d0069641_749477.jpg

『虹雲』 LED 、PIC、ベニヤ、など 2006

===============
※2011年6月、JR博多シティ「アミュ地下キューブ」での博多アートアクトVol.1「ファーストアクト:アートラウンジ」に参加予定
[PR]
by faprofile | 2011-05-03 21:57 | a 造形作家(全般)
<< 田中 千智 (たなか ちさと)... 宮田 君平 (みやた くんぺい... >>